2018年04月11日

槙文彦先生 アテンド

好きな建築は?と聞かれると、大分の「風の丘葬祭場」と、鹿児島の「岩崎美術館」が
すぐに頭に浮かびます。その設計者は日本の建築界では大御所中の大御所、槙文彦先生。
今年90歳を迎えられます。
雲の上の槙文彦先生が、日本建築学会の講演で来鹿されました。
空港への送迎、食事、そして岩崎美術館へのアテンドと身に余る光栄な時間。
車中でも何気ない会話が心に刻まれ、本当に充実した2日間でした。

槙先生は若い時に、コルビジェやミースに会われたとの事でしたが、私にとっては
日本のコルビジェに会ったようでした。
嬉しいことに後日「ありがとう」と意味で直筆サイン入りの冊子を頂き更に感動です。
あ〜〜設計やっててよかった!

IMG_0589.jpg
IMG_0603.jpg
image1.jpeg




posted by sensyou at 16:56| Comment(0) | ご案内
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。